CV ≫ statement

​statement

彫刻、インスタレーション作品の制作を通して、 
人間というものの存在とは何かを考えています。

 
私にとって人間というものは、ある時は強い生命感を放ち、ある時は砂像のように崩れそうなほど脆く、または大気に消えて散っていきそうなほど儚いものにも思えます。
 このように、さまざまな側面が見られ、状態が常に不安定であるように感じるのには、私が対面してきたいくつかの死や喪失にあると思われます。 それは身近な人が亡くなったことや、私自身が交通事故により一時的に記憶をなくしたことです。

 これらの経験により、私自身が生きているかどうかへの疑念や、自分だけでなく人間というものが皆そこに立っていること、存在していることへの不思議さを感じるようになりました。


人物像や人間にまつわる形をつくることは、自分の意識が自分の身体に宿っているのかを確かめる行為であり、人間の存在の無常さを感じ続けるためでもあります。

 --

Through the creation of sculptures and installation works. 
I'm thinking about what it means to be human.

 
To me, the human being seems at times to radiate a strong sense of life, at other times to be so fragile that it seems to crumble like a sand statue, or so ephemeral that it seems to disappear into the atmosphere and scatter.
 It seems to me that some of the deaths and losses that I have come face to face with have caused me to feel that there are so many different aspects to this and that the condition is always unstable. It was the death of someone close to me and my own temporary loss of memory due to a car accident.
 These experiences caused me to have doubts about whether I was alive or not, and to feel a sense of wonder that not only I, but all human beings, were standing there, existing.


The creation of a figure or a human form is an act of checking whether one's consciousness dwells in one's body, and to continue to feel the impermanence of human existence.

​2020.5 momo sasanoi